「クリスマス都心深夜散歩」レポートその1


東京散歩革命シリーズ「クリスマス都心深夜散歩」レポートその1
実施日 2017年12月23日(土)-24日(日)

昨年のクリスマスはサンタ帽などをかぶって昼間に都心を歩きました。今年はクリスマス深夜の都心の様子を久しぶりに見てみたいと思います。10年くらい前にもやっているのですが、果たして今回はどうでしょうか。ルートは有楽町-丸の内-日本橋-銀座-新橋-東京タワー-六本木-表参道-原宿です。

深夜の東京歩きは魅力が豊富で思ったより安全すので、そのあたりも紹介できればと思います。

それでは当日の写真レポートをご覧ください。
今回も写真が多いので2つに分割します。(その2はこちら)


////////////////////////////////


●有楽町-丸の内
23日23時30分に有楽町駅中央西口(かなり寂しい改札)集合。少し早く着いていたため駅周辺を見て回った。

東京国際フォーラム地上部分。この時間でも特に通行制限はない(公開空地?)。

交通会館前。写真を撮る人がちらほら。

集合地点に戻って、時刻通りに散策開始。まずは丸の内仲通りへ向かう。

丸の内仲通りは街路樹のイルミネーションが実施されている。そんなに人通りはない。

以前はビジネス街だった仲通りも、近年は小売店舗が多くなった。ディスプレイを深夜でもライトアップしている店が多いが、以前よりは減ったかなという印象。

夜中の東京の名物と言えば、道路工事。 ここ(馬場先門の東)は雰囲気を考慮してか、クリスマス的照明が利用されていた。ここでしか見なかったが。

色が変わるイルミネーションも増えた。このツリーは赤い時が面白かったがうまく撮れず。

東京駅と皇居前を結ぶ行幸通り。イルミネーションの撮影か何かをしているようで、通行はできなかった。

工事が終わった東京駅に深夜に来るのは初めて。駅そのものはそんなに明るくしていない。

丸の内仲通りのイルミネーションは0時になると終了した。意外と早い。

なかなか怖いディスプレイ。

オーテモリ。このあたりまで来ると人出も絶える。


●日本橋・銀座

大手町で東方向に曲がる。そしてガード沿いに北上、室町3丁目で中央通りを南へ折り返す。中央通りは何箇所かで夜間工事しており、歩道封鎖の場合もあるため少し面倒。

三越前を通過。光がおかしいのはデジカメを早く下げたせい(以降同じ)。

日本橋から日本橋川の眺め。このあたりはいつも暗く、ちょっと場末感がある。たいていはビルの裏手になるため反射する光が少なく、基本的に東京の深夜の川は暗い。

高島屋を過ぎ、日本橋フロント横の通りを覗いたところ。ここは明るい。

さっきまで人が寝ていたかのようなパラマウントベッドのディスプレイ。

銀座地域に入り、英國屋前を通過。 古い建物が多い日本橋より、銀座のほうが幾分明るい。

ブランド関係のビルとディスプレイは深夜の銀座の見もの。深夜なら誰もいないのでいくらでも見ていられる。





午前1時、銀座の中心ともいえる銀座4丁目交差点に到達。ここから南はバーやクラブも多いが、外には全然人がいない。


このビル(GINZA SIX)はいつも全景が撮れない。

フェラガモが入る銀座御幸ビルは周囲が暗いほど映える。ここは素直にすごい。


●新橋

東京高速道路をくぐり新橋地域に入る。

午前1時20分、新橋駅前。最後の東京行きが終わった後だがまだ明るい。

新橋の飲食店街(れんが通り)にわざわざ入る。いつもカラ鉄の前が一番明るい。ここは客引きなどが多いため若干治安が悪そうには見えるが、まあ大したことはない。何しろ客となる人があまり歩いていないのである。立ってても割に合わないのではないかと思うくらいだ。街路樹の電飾は少しだけついている。

このへんまで来るともう店の灯りも期待できなくなってくる。環二通り-日比谷通りと進む。 このあたりで桜田通りを避けているのは、米国大使館周りだと警察が多そうだからである。官庁街のほうはOKなのだが・・・。

御成門交差点近く。東京タワーが大きくなってきた。今日はまだ消灯していない。


その2に続く



企画・製作・執筆 志歌寿ケイト

◆東京散歩革命のページに戻る



プロフィール

活動・仕事

お問い合わせ

架空地図&地図製作

散策会「東京散歩革命」

初詣初日の出深夜歩き

コラム

電子書籍

その他のイベント予定